MNPを利用してスマホの月額料金を節約できるオススメの2機種

前回の「iPhone?Android?OS比較でみるスマホの選び方」の続きになります。まだ読んでいない方は是非読んでください!
さて、携帯マニアの私がおすすめするスマートフォンのお話をしていきたいのですが、ただ機種をご紹介するのも面白くないので「毎月の利用料金を安くする購入方法」もあわせて書こうと思います。


MNP(モバイルナンバーポータビリティー)を利用して購入する

「MNP」とはそもそもで何かと言いますと、簡単に言えば「電話番号そのままで他社に移れますよ」と言う事です。
引き継げるのはあくまでも電話番号のみでメールアドレスは引き継ぎ出来ません!
とは言え、最近はLINEなどのメッセンジャーアプリ、gmailなどのメールがありますので、さほどネックにはならないのではないかと思います。
なぜ「MNP」を利用して購入するとお得かと言いますと・・・

機種代金を安く購入出来る

「機種代金を安く購入出来る」に尽きます。ちなみに最新のiPhone6(16GB)でも実質負担0円です。
これはdocomo、au、Softbank共通です。しかし「実質」0円と言うのは実際は機種代金が0円になっている訳ではありません。

例えばこうです!

機種代金 1,000円(24ヶ月間)- 1,000円(基本使用料から24ヶ月間値引き)= 0円

実は、機種代金の分割支払いが発生しており、24ヶ月間同一の機種を使用しないと分割支払金が残ってしまう事を意味します。
分割支払いを回避するにはどうすればいいのか・・・「実質」ではなく「一括」で0円の機種を購入するだけ!
「そんなウマい話があるか!」と怒られてしまいそうですが、私もiPhoneは「一括」0円で購入出来ました。
前述した例に「一括」0円で購入した場合を当てはめてみましょう。

機種代金 0円 - 1,000円(基本使用料から24ヶ月間値引き)= -1,000円

このような計算式になります。分割支払金が無いと言うことは、基本使用料からさらに-1,000円の値引きが入ります。
おいしい!分割支払金が無いうえに毎月の利用料金も安くなる、言うことなしです。

「一括」0円で機種を購入しやすい月

ズバリ、3月です!本当に安く購入しようと思えば、3月以外に考えられません。
3月は各社、力を入れる月ですので「MNP」で「機種代金一括0円」+「キャッシュバックで○万円」みたいなキャンペーンもあったりします。
しかも、機種変更でも特価で「一括○万円」などもありますので本当におすすめです!

要点まとめ

メリット

  • MNPで購入する。
  • 一括払いで0円で購入する。
  • 3月に購入する。

デメリット

  • メールアドレスが変わる。
  • 契約期間によっては解約金がかかる(9500円)
  • 転出手数料、移転先でかかる新規事務手数料の合計5000円がかかる。

デメリットも多少ありますが、これだけの事で携帯電話を安く購入でき、しかも毎月の携帯電話の利用料金まで安く出来ます。
難しい知識、すごく労力がかかる話でもありませんので、是非参考にしてみてください!

購入するべきスマートフォン

スマートフォンと言う言葉が全く浸透していなく、だれもがガラケーで満足していたあの頃、私はウィルコム(現 Y!モバイル)の「W-ZERO3」という機種を使っていました。OSは「Windows mobile」。高級なステーキ肉かと言うぐらいの分厚さ。通信速度は驚きの「128kbps」。
居酒屋に行けば外国人の店員さんから「ソレ、ゲ-ム機デスカ?(笑)」と笑われ、職場のおばs(お姉さま)からは「最近の電卓はすごいね!」と褒められて?いた私がおすすめする機種が下記です。

Sony Xperia Z3(Android OS)

Xperia Z3

こんな素晴らしい機種がMNPで0円で購入出来るなんて本当にいい世の中になったものです!
私は2世代前の「Xperia Z1」をメインで使用しているのですが、「Z1」の不満点をパーフェクトに改善してる機種が「Z3」と言えます。スペックもかなりのものですので、最低でも二年は使えるスマホです。
カメラ機能だけ抜粋すると下記のような感じです。

  • レンズ(ソニー製Gレンズ) 広角25mm F2.0 2070万画素
  • ISO12800まで対応(一眼レフレベル)
  • インテリジェントアクティブモード(電子式手ぶれ補正)
  • クリエイティブエフェクト(18種類のフィルター効果)

正直、普段使いでコンデジいらないのではないかと言うレベルのスペックです!

ソニーと言えば「WALKMAN」ですが、ハイレゾ、DSEE HX、デジタルノイズキャンセリングにも対応している神機と言えるでしょう。
本体サイズがちょっと大きすぎると言う方であれば、液晶が小さくなった「Z3 Compact」がありますし、こちらも量販店でMNP一括0円で販売しています。
費用対効果抜群の1台ではないでしょうか。

Apple iPhone5S(iOS)

iPhone5S

最新モデルではないですが、普段使いにはジャストなサイズ!こちらの機種もMNPで一括0円で購入ができます。
現行モデルの「iPhone6」や「iPhone6 Plus」は、液晶が4.7インチ、5.5インチと大型化していますので、最後の4インチモデルと言えます。
「iPhone5S」もカメラ機能だけ抜粋すると下記のような感じ!

  • レンズ F2.2 800万画素
  • True Toneフラッシュ
  • バーストモード(連射機能)

なかでもバーストモードの連射はかなり性能がいいです!動いている被写体の撮影にはもってこいな機能です。
気になる点があるとすれば連射中の音でしょうか・・・。

以上、2機種をおすすめしましたがいかがでしたでしょうか。
携帯キャリア安売り戦争が勃発する前に、この記事を読んでもらうと色々と参考になると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書いた人

板谷

フォトグラファー / MCP

板谷 貴浩

Norihiro Itaya

写真マニア、カメラマニア、モノクロマニア、フォントマニア、サブカルマニア、携帯マニア、音楽マニア、車マニア、バイクマニア、料理マニア。あなたの記憶を切り取ります。三度の飯より写真が好き、記憶切り取り人。

コメント

コメントする

ブログカテゴリー

TOP