皆既月食の撮影方法をカメラ初心者に教えて、実際に撮影して貰った。

ピントを合わせる古川

みなさんご存知でしょうが10月8日は皆既月食というイベントがありました。今回はそんな皆既月食に起こった出来事です。
2015年の4月4日にも皆既月食を観測することが出来るようなので、お見逃しの方はチャレンジしてみてください。


ぼーっとする吉野

「もうすぐ来ちゃうな・・・まずいなー・・・。」

人物紹介:吉野
皆既月食に命を捧げ、日々皆既月食とは無縁の写真を撮っているカメラマン。皆既月食があるのを当日知った。

笑顔の古川

「こんばんわー!吉野さん申し訳ないです、遅くなっちゃってー!」

人物紹介:古川くん
若さ故の過ちを認め、現在専門学校に通っているクリエーターの卵。学業を疎かにして、日々女生徒とイチャイチャしている破廉恥なやつ。

そう、今日は古川くんに「物撮り」を教える日なのだ。しかし、私の頭は「皆既月食」のことで一杯で、古川くんに「物撮り」を教えれる状態じゃない。悪いが今日は帰ってもらおう。
だが古川の野郎!遅れてきたのにまるでなっちゃいない!帰らせる前に教えちゃろう。社会の厳しさを!

GREENMONSTERオフィスにて

笑顔の古川
「今日は物撮り教えていただけるんですよね!忙しいのにありがとうございます。」
ぼーっとする吉野
「古川くんさ・・・遅れてきたならさ・・・誠意とかさ・・・ほら。ねぇ?」
笑顔の古川
「本当にすみません。お金・・・ですか・・・学生なので全然持ってなくて・・・。」
暴言を吐く吉野

金のねぇ学生は帰って寝てろ!!!

帰る古川

「酷い!うわーーーん!」

そうして古川くんは帰っていった。私は罪悪感を少し抱いたが、きっといつか古川くんは「あの時、吉野さんが叱ってくれたお陰で・・・」となるはずだ。私はそういう計算もできる人間である。そんなことを思っていると「皆既月食」を撮るテンションもあがってきた。
こうしてはいられない!早く撮りにいこう!


ガチャッ

変な顔の古川
怒りの古川

「・・・・・・・・・・・」

ぼーっとする吉野
「うわあああああああああああああああああああ!・・・え?ふ、古川くん!?」
怒りの古川
「・・・」

まだ帰っていなかったようだ。なんだか凄く怒っている気がする。怖い。顔も怖いが、沈黙も怖い。なぜ何も言わないのか・・・まさか見透かされていたのだろうか?約束を破って皆既月食を撮りにいこうとしてることを。
もう、全て打ち明けよう。きっと解ってくれるはず・・・。

ぼーっとする吉野
「古川くん・・・実は・・・・」



笑顔の古川
「そうだったんですねー!早く言ってくれれば良かったのにー。じゃー皆既月食を撮るついでに撮り方教えてくださいよー!」
ぼーっとする吉野
「それで怒りが静まるんだったら、お願いしたいくらいだよ。」
笑顔の古川
「いやいや、全然怒ってないですよー!さっきのは急にお腹が痛くなっちゃって、トイレを借りようと戻ってきたんですけど・・・もう出ちゃったんで大丈夫です!」
ぼーっとする吉野
「え、ちょっとまって・・・え!?」
笑顔の古川
「まぁまぁ、もう月が陰りだしてますよー。早く吉野さんの車でいきましょう!」

そう言って彼は一目散に私の車の助手席に駆け込み、私は涙を流しながら月が見えるスポットまで車を走らせた。

福岡某所

指導する吉野

「では、ここらで撮影しようか。古川くんはこのミラーレス『Nikon 1 J4』を使って。レンズは『1 NIKKOR VR 70-300mm f/4.5-5.6』というのを付けてあるよ。」

カメラを持つ古川

「ありがとうございます!これで撮るんですねー・・・あと、心なしか冷たいのは気のせいですか?」

指導する吉野
「古川くん、カメラの世界はやるかやられるかだよ!僕は心を鬼にして君に教えなくてはならない。覚悟してください。」
カメラを持つ古川
「そうなんですね・・・わかりました!」
指導する吉野
「まずは今の古川くんのレベルを知る必要があります。とりあえず、撮ってくれるかな?」
カメラを持つ古川
「はい、いきますよー!」



カシャッ!

失敗した月撮影
指導する吉野
「見るのもつらい。」
カメラを持つ古川
「すみません・・・。」
指導する吉野
「普通の月を撮る場合は手持ちでも簡単に撮れるんだけど、月食は暗くてピントが合わせずらいし望遠レンズを使うから、三脚を用意するといいよ。」
カメラを持つ古川
「なるほど、わかりました!」
説明を受ける古川
説明を受ける古川
「これでいいですかね?」
説明する吉野
「オッケーです。三脚を使うときは『手ブレ補正』は『オフ』にしたほうがいいよ。逆にブレてしまうことがあるからね。」
説明を受ける古川
「うっかり忘れそうです・・・。」
説明する吉野
「次にシャッタースピードだけど、秒単位で設定すると月や星の位置の変化、風や振動のブレも拾い易くなるから、大体1/4よりも速い設定が良いよ。」
説明を受ける古川
「細かなとこまで考慮しないといけないんですね・・・臨機応変さが必要ですね。」
説明する吉野
「今回の撮影は『皆既月食』を『記録』として残したいから、ホワイトバランスは目視した色に忠実な設定にしましょう。確認してみて。」
見上げる古川

「・・・目視・・・若干赤いですね。これならオートが一番忠実ですかね?」

説明する吉野
「うん、そうだね。オートで良いと思う。その顔じゃ無ければさらに良いよ。」
見上げる古川
「戻します。」
説明する吉野
「あとは、解像力の高い『F8』で撮影、明るさはISOでコントロールするようにしようか。」
ピントを合わせる古川
説明する吉野
「最後にピントは液晶を拡大してマニュアルで合わせて撮ってみて。」
説明を受ける古川
「よし。大体こんなもんかな・・・。じゃーいきますよー!」



カシャッ!

成功した月撮影
説明する吉野
「うん、いいじゃーないのー。」
説明を受ける古川
「おー!最初の写真が嘘みたいです!!僕にこんな潜在能力があったとは・・・吉野さんありがとうございます。」
撮影する吉野

「じゃー僕も撮ろうかな。」

説明を受ける古川
「そのカメラ、ゴツいですね。」
撮影する吉野
「これは『Nikon D4S』で、レンズは『Ai AF VR Zoom-Nikkor 80-400mm f/4.5-5.6D ED』というのを使っているよ。」
説明を受ける古川
「え、いま呪文かなんかいいました?」
撮影する吉野
「・・・じゃ、撮りまーす。」



カシャッ!

吉野の撮影した皆既月食

(カメラ内にてトリミング)
こうして無事に皆既月食の撮影を終え、私は古川くんを知らない土地に置き去りにして帰った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書いた人

吉野

フォトグラファー / NPS

吉野 克彦

Katsuhiko Yoshino

スポーツフォトグラファー、イベントカメラマンとして活動してきました。 地元で愛されるカメラマンを目指して、心のこもった写真を撮り続けて行きたいと考えています。 2013年よりkids時計のカメラマンやWebサイトの広告をはじめ、多くの撮影の機会を頂いております。 カメラマン活動に加え、ニコンフォトスクウェア福岡にて定期的に個展も行うなど活動の幅を広げています。

コメント

コメントする

ブログカテゴリー

TOP