初心者でも簡単!デジタル一眼レフカメラで夜景の写真を撮影するコツ

CanonとNikon 夜景の撮り方

夜景は敷居が高いと思ってる方も少なくないようですが、ある程度の写真は簡単に撮れちゃうんです。
三脚、レリーズは場所によって必要かもしれませんが、今回は使用しません。

カメラはエントリーの「Nikon(ニコン) D3300」と「Canon(キヤノン) kissX7」(※以下D3300/kissX7)。「D3300」はかなりお気に入りで、いつも持ち歩いています。
画素数が多くて高感度にも強いので、引き伸ばしたりトリミングするのに使い勝手が良いんです。16:9を意識して写真を撮ることも多いので重宝しています。

場所は福岡市南公園の夜景の見える展望台での撮影です。


撮影モードは絞り優先

Nikon 絞り優先

撮影モードはどちらも絞り優先。「D3300」は「A」。

Canon 絞り優先

「kissX7」は「AV」にしましょう。

F値は8

「F値」は全体にピントが合うように8~11くらいで、どちらの機種もダイヤルをぐるぐる回して設定してください。
ダイヤルは、グリップ時にD3300は右手親指位置付近、kissX7は右手人差し指付近にあります。
「11」だと30秒間露光しても暗い場合があるので「8」でやってみてください。

ISO感度は200

「ISO感度」はどちらも100〜400の間くらいの低い数値で固定しましょう。
お勧めは暗くなりすぎず、ノイズも少ない「200」です。

「D3300」は背面左下に配置されている「i」ボタンを押した後、十字ダイヤルでカーソルを移動して変更。
「kissX7」は液晶右中央の「Q(SET)」ボタンを押してタッチしたあとダイヤルを回して変更します。

Nikon ISO感度

ニコンは感度自動制御もオフにしてください。
MENUを押して、カメラマーク2ページ目の2番目です。
このページからもISO感度変更できます。

絞り優先・F8・ISO200でブレを防げば、カメラが自動で露出を決めてくれるのでほとんどの夜景シーンがそれなりに撮れるはずです。

セルフタイマーを使う

レリーズが無いのでセルフタイマー撮影にしましょう。

Nikon セルフタイマー

「D3300」は上の写真の親指位置にあるレリーズモードのボタンを押せば簡単に変えられます。

Canon セルフタイマー

「kissX7」は液晶右中央のQ(SET)ボタンを押してレリーズのところをタッチして変更します。

セルフタイマーによりシャッターを押したときのショックによるブレを防げます。
露出補正は適正でもいいのですが、お勧めはちょっと明るめの+1くらいで。

Nikon +補正

「D3300」は写真の指位置にあるボタンを押しながらダイヤルをまわします。

「kissX7」はグリップしたときに右手親指あたりにあるAV(+-)キーを押しながらダイヤルをグルグル回して、これから撮影する写真を明るくしたり、暗くしたりできます。
明るすぎたら、少し落としてあげてください。

手すりや、塀の上など安定した場所に置く(無精者!)

Nikon 夜景

三脚も持ってきてないので、手すりにおきます。
※もし落ちて壊れても自己責任でお願いします。ストラップを巻きつけるなど細心の注意を払ってください。

Nikon ストラップ

角度をつけたいので、今回はボディ側にストラップを敷きました。
ボールペンとか、ハンカチとか、身の回りにあるもので角度をつけます(笑)。

本当は三脚使ってね♪

三脚なしではどうにもならない場所があるので、三脚を持っているのが1番です!
今回のように無くてもどうにかこうにか荒業で撮れる場所もあります。

AFは明るいところで合わせる

オートフォーカスは暗いところでは合いにくいので1番明るい夜景のところで合わせます。今回使用した両機種は街明かりですぐにピントを合わせることができました。
やる気のある人は、ライブビューで拡大しながらマニュアルで合わせてみてください。

シャッターを切る!

構図が決まったらシャッターを切るだけ!
セルフタイマーが切れて、20〜30秒露光して写真の出来上がり。
なかなかきれいな夜景が撮れました☆

Nikon D3300

ニコン D3300 18-55mm キットレンズ

Canon kissX7

キヤノン EOS Kiss X7 18-55mm キットレンズ

1ランク上の夜景

ホワイトバランスは電球にすると青くなって雰囲気変わるので個人的に好きです。
他のモードも試すとハマりますよ。

Nikon ホワイトバランス

「D3300」は背面左下にあるiボタンを押して、十字キーを操作してホワイトバランスを変更できます。

Canon ホワイトバランス

「kissX7」は液晶右中央のQ(SET)ボタンを押して、ホワイトバランスの項目をタッチしてダイヤルを回して変更します。
撮影した後、戻し忘れないように。

ピクチャーコントロール(スタイル)は風景やビビッドで色が鮮やかになりますよ。
「D3300」はMENUキー、カメラマーク1ページ目。
「kissX7」はホワイトバランスの要領で変更できます。

Nikon D3300 作例

Nikon D3300 作例

先日撮影した十五夜のお月様と夜景です。
お仕事絡みなので、こちらはちゃんと三脚を使いましたよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書いた人

吉野

フォトグラファー / NPS

吉野 克彦

Katsuhiko Yoshino

スポーツフォトグラファー、イベントカメラマンとして活動してきました。 地元で愛されるカメラマンを目指して、心のこもった写真を撮り続けて行きたいと考えています。 2013年よりkids時計のカメラマンやWebサイトの広告をはじめ、多くの撮影の機会を頂いております。 カメラマン活動に加え、ニコンフォトスクウェア福岡にて定期的に個展も行うなど活動の幅を広げています。

コメント

コメントする

ブログカテゴリー

TOP